心理カウンセラーになりたいあなたへ|資格取得を目指して頑張ろう!

他の大学には無いメリット

ナース

看護学校は、他の大学には無い多くのメリットがあります。卒業後に看護師国家試験受験資格を自動的に取得できるというのは、看護大学が持つ1つのメリットと言えるでしょう。

詳細を読む

心のケアを施すプロ

医師

心理カウンセラーになる最も早い手段が、資格を取得することです。心理カウンセラーの資格は国家資格では無いので、民間団体を通して取得しなければなりません。試験基準も資格内容も、各団体によって異なるので注意しましょう。ちなみに、一般的な国家資格のように「1級」「2級」といった級や段なども設けられていません。つまり資格の内容に優劣は無いということです。心理カウンセラーの資格を持っていれば、学校や企業などで心理カウンセラーとして働けます。近年悩みの内容が多様化していることもあり、以前にも増して心理カウンセラーの需要が高まりつつあります。心理カウンセラーという職種に興味を持っている人は、まず資格の取得に励みましょう。心理カウンセラーを目指す人のための通学タイプの講座や通信講座などもあるので、これらを利用してみるのも良いかもしれません。資格の取得に成功したら、ハローワークや就職支援サイトなどを通して、心理カウンセラーとして働ける場所を探しましょう。

心理カウンセラーの資格を取るためには、特定の民間団体が設ける資格試験をパスしなければなりません。もし事前に勉強がしたいのであれば、通学タイプの講座や通信講座を利用し、試験に必要となる知識を蓄えておきましょう。これらは双方にメリットがあります。通学タイプの講座が持つメリットは、講師と直接話ができるという点です。分からないところや苦手なところなどを、講師とマンツーマンで勉強できます。通信タイプの場合、質問と回答の受け答えにある程度の時間を要してしまいます。通信講座のメリットは、自分のペースに合わせて勉強ができるという点です。自宅という最高のリラックス空間で勉強できるという点もメリットの1つと言えます。基本的に、どちらも継続して続けなければ大した効果は得られません。一流の心理カウンセラーとして働くために、継続して勉強し知識をどんどん身に付けましょう。